先日、au版のXperia Z3(SOL26)の液晶を割ってしまい、この1週間ばかりは大変不便な思いをしております。

参考:Xperia Z3が故障!液晶の修理にいくらかかる!?

液晶画面を修理するために街の修理屋さんで28,000円も払って直すのもアホらしく、まともに操作もできないという不便さに耐えかね・・・。

SIMフリー版のXperia Z5 compactをついに買っちゃいました!

いつもお世話になっているエクスパンシスさんで送料込みで59,390円でした。

不便さはもちろんあったのですが、ドコモ版を買わずにSIMフリー版を購入したのは、2年間の料金シミュレーションの結果大幅に安くなるからです。

詳しい料金シミュレーションの結果は後述しますが、早く読みたい方は目次から飛んでください。

BIGLOBE SIM最大2万円キャッシュバックキャンペーン!

UQモバイル最大13,000円キャッシュバックキャンペーン

SIMフリー版Xperia Z5 compactの注文から到着まで

エクスパンシスさんによると、フェデックスだと1~2日で到着と表記があったので、フェデックスを選択しましたが、注文してから到着まで3日かかりました。

これならば2~3日で到着予定だったクロネコを選べば送料もわずかに安くなるのでそっちの方が良かったような気がします。

↓の画像は荷物到着から開封までの流れです。香港版のSIMフリーZ5 compactは日本の技適マークもバッチリです。

香港モデルなので初回起動時に中国語が出てきて驚くかもしれませんが、その後の初期設定画面で言語を日本語に切り替えれば大丈夫です。

USBスロットが付いているコンセントは海外用の3つ口タイプなので国内では使用できないことから、ANKERのUSB急速充電器(5ポート)を購入しました。

一気に5台のスマホ、タブレットなどを急速充電できるので非常に便利なアイテムです。

本体サイズはXperia Z3と比較してかなりコンパクトで少し厚みがあります。

Xperia Z3とXperia Z5 compactの厚さの比較

本体を手にとって驚いたのは、Xperia Z5 compactの持ちやすさ。手にしっくりと収まるホールド感の良さです。

先日、Xperiaアンバサダーでモニター機としてお借りしたソフトバンク版のXperia Z5を「フロストガラスの背面パネルがやたらと滑る上にホールド感が無い」と酷評しましたが、Xperia Z5 compactのホールド感は最高ですね!

スマホはやっぱりこれぐらいのサイズがいいなぁ~としみじみと思いました。

安かった上にホールド感が良好でテンションが上がりましたね。compactの方を選んで正解だと思いました。

参考:XperiaZ5を2週間テストした感想-基本機能編【Xperiaアンバサダー】

今回は本体の大きさがコンパクトになった都合上、スマホリングはバランスが悪かったので使わずに、Xperiaアンバサダーのモニター時に使用して余っていたストラップタイプのリングを活用することにしました。

さらに、液晶画面の保護や背面パネルのキズ対策もバッチリです。

液晶保護シートと背面保護フィルム
  • 液晶保護シート:厚さ0.15mm ゴリラガラス4(LEPLUS)
  • 背面保護シート:ラスタバナナ背面保護フィルム(カーボン柄)

これで液晶パネルが割れたり、ストラップリングが背面パネルに当たってキズが付いたりすることもありません。

あと、アルミバンパーなどをヨドバシカメラに物色しに行きましたが、Xperia Z5 compact専用はまだ市場に出回っておらず「待ち」ですね。

2年間壊さないように使っていきたいと思います。

↓の画像はXperia Z3との厚さ、大きさの比較など。液晶画面の明るさ、発色の違いなども注目してみて下さい。


SIMフリー版 Xperia Z5 compact料金シミュレーション

それではここからドコモ版とSIMフリー版の料金シミュレーションに入っていきます。

まず、SIMフリー版のXperia Z5を購入し、MVNOをmineoで運用した時の料金シミュレーションです。

プランはドコモプランのデュアルタイプ(音声通話+データ通信3GBプラン)で2年間契約した場合の料金の総額です。

参考:mineo(ケイ・オプティコム)

  • Xperia Z5 compact(SIMフリー)端末料金(2016/4/4)
  • 端末料金:50,355円+送料1,400円+関税3,100円=54,855円
  • 端末支払い:一括払い
  • 端末取り扱い店1:エクスパンシス
  • 端末取り扱い店2:etoren(日本語対応)
  • 通話+データ通信料金
  • mineo(ドコモプラン・デュアル3GB):1,728円/月(1年縛り)
  • MNP事務手数料:3,000円(初回のみ)
  • 合計月額料金: 1,728円
  • Xperia Z5 compact本体代金+送料+関税=54,855円
  • mineoの24ヶ月の料金:44,472円(事務手数料込)
  • 合計金額:99,322円

2年間の支払総額:99,327円

※上記の金額にmineoの通話料金は含まれていませんのでご注意ください。

※現在使っている端末を中古ショップなどに売却すると支払い総額はさらに下がります。

MVNOはキャリアと比べて話し放題プランも無く、通話料金は全然安くないので、LINEやスカイプの無料通話をフル活用することが前提です。

携帯回線で日常的に通話をよく使うという方は、キャリアよりも支払いが高額になる可能性があるので、ドコモ版を購入することも検討の余地ありです。

ドコモ版 Xperia Z5 compact料金シミュレーション(カケホ)

次にドコモ版のXperia Z5 compactを2年契約した場合の支払い総額をまとめてみました。

シチュエーションは他社からMNPでドコモへ転入したと想定、プランはカケホーダイの2年縛り+データSパック(2GB)。

  • Xperia Z5 compact端末料金
  • 契約:他社からドコモへのMNP
  • 端末支払い:24回払い
  • 端末料金:84,888円
  • 端末料金(分割):3,537円/24回
  • 月々サポート(24か月間):-2,025円(総額48,600円)
  • 下取りプログラム:-900円(au Xperia Z3・液晶割れ)
  • 実質月額料金:1,475円/月
  • 24回支払い総額:35,400円
  • 通話+データ通信料金
  • 通話プラン:カケホーダイ:2,916円/月(2年縛り)
  • データSパック(2GB):3,780円/月
  • spモード:324円(税抜300 円)
  • 合計月額料金: 7,020円
  • 月々支払い
    1~24か月目(月々サポート適用期間中):7,020円+1,475円=8,495円/月
    25か月目以降(月々サポート適用期間終了後):7,020円/月
  • 最初の2年の支払い総額:8,257円×24ヶ月=203,880円

2年間の支払総額:203,880円

その他の併用できるオプション

ドコモ版 Xperia Z5 compact料金シミュレーション(カケホライト)

次にドコモ版のXperia Z5 compactを2年契約した場合の支払い総額をまとめてみました。

シチュエーションは他社からMNPでドコモへ転入したと想定、プランはカケホーダイライトの2年縛り+データMパック(5GB)。

カケホライトにするとデータSパックが選べなくなるのが納得いかないですね・・・。

  • Xperia Z5 compact端末料金
  • 契約:他社からドコモへのMNP
  • 端末支払い:24回払い
  • 端末料金:84,888円
  • 端末料金(分割):3,537円/24回
  • 月々サポート(24か月間):-2,025円(総額48,600円)
  • 下取りプログラム:-900円(au Xperia Z3・液晶割れ)
  • 実質月額料金:1,475円/月
  • 24回支払い総額:35,400円
  • 通話+データ通信料金
  • 通話プラン:カケホーダイライト:1,836円/月(2年縛り)
  • データMパック(5GB):5,400円/月
  • spモード:324円(税抜300 円)
  • 合計月額料金: 7,560円
  • 月々支払い
    1~24か月目(月々サポート適用期間中):7,560円+1,475円=9,035円/月
    25か月目以降(月々サポート適用期間終了後):7,560円/月
  • 最初の2年の支払い総額:8,257円×24ヶ月=216,840円

2年間の支払総額:216,840円

その他の併用できるオプション

まとめ

「光★いっしょ割」や「家族まとめて割」などを併用すれば価格差は縮まりますが、

SIMフリー版+MVNOという組み合わせに比べるとドコモ版の支払い総額は2倍以上の開きがあります。

最新機種のSIMフリースマホがもう1台買えちゃうくらい違いが出ますね。

消費者に「端末サポート」「乗り換え割り」などで端末料金を安いと思わせておいて、高額な通信料金で割り引いた分もしっかりと回収するという手法は相変わらずですね。

ただ、カケホーダイプランは通話が安いので音声通話を毎日かなり使うという人にドコモ版の方が安くなる可能性があります。

あと、端末をよく壊すので端末サポートが必要な人、ショップでのフォローが必要な方もドコモ版にした方がいいでしょう。

さらに、SIMフリー版には無いアドバンテージとしては、ドコモ版のXperia Z5 compactはおサイフケータイが使えることです。

おサイフケータイは絶対に使いたい!という方も迷わずドコモ版へGO!です。

  1. 通話もほとんど使わない
  2. データ通信も5GBもいらない
  3. サポートも特に不要
  4. おサイフケータイも別にいらない

この4つにあてはまるという人は間違いなくSIMフリー版のXperia Z5を購入して格安SIMで運用するのが安いです。

ただ、SIMフリー版を購入する場合、キャリアのように端末サポートが付かない分、ゴリラガラスの液晶保護シートや強靱なアルミバンパーなどを使用して、絶対に端末を壊すことがないように細心の注意を払うことを忘れないでくださいね。

それにしても、最近、為替が急激に円高に振れたせいでエクスパンシスのXperia Z5 compactがガンガン値下がりしていてちょっとショックですw

卍斎が買ったときは59,000円ぐらいだったのが、2016年4月10日現在なんと47,850円です。

XperiaZ5 compact VS Zenfone2上位モデルベンチマーク

友人のZenfone2のメモリ4GBモデルとXperia Z5 compactでベンチマークを計測してみました。

ベンチマークソフトはGeekbench3を使用しました。

参考画像1枚目:Zenfone2のハイエンドモデルベンチマーク

参考画像2枚目:Xperia Z5 compactベンチマーク

zenfone2_bench xperia_z5_compact_bench

Xperia Z5レビュー記事一覧

  1. ソニーの技術の粋を極めたXperia Z5【Xperiaアンバサダーミーティング】
  2. XperiaZ5を2週間テストしたレビュー基本機能評価編【Xperiaアンバサダー】
  3. XperiaZ5を2週間テストした感想-カメラ編【Xperiaアンバサダー】
  4. XperiaZ5と行く出雲大社の旅【Xperiaアンバサダー】
  5. XperiaZ5 compactをmineoで1ヶ月使ってみた結果

2017年に入り、各社がSIMフリースマホを次々に投入した結果、その数はおよそ30機種以上にまで増えています。

色々と迷いたくない方、厳選したオススメ8機種のみを知りたい方は以下の記事をお読み下さい。

現在発売されている格安スマホ・SIMフリースマホのまとめについては以下の記事をご覧ください。

主な格安SIM22社のサービス比較・まとめについては以下の記事をご覧ください。

あなたにぴったりの格安SIMがきっと見つかる!?格安SIM無料診断!!

現在開催中のお得な格安SIM・格安スマホキャンペーン一覧

関連記事一覧